ルイヴィトンのようなハイブランドで、かつ、日本で人気がある物はボロボロでも買い取って貰えることが多いです。

使い込んですっかりボロボロになってしまったので財布を新調することにしたけど、売るのは無理かなぁと思っていた方、予想より高く買い取って貰えるかもしれません。

「ボロボロだから買い取って貰えない」と決めつけず、まずは無料見積もりに出すことをおすすめします。

ボロボロのルイヴィトンの財布でも買取可能なの!?

ルイヴィトンの財布はボロボロでも買い取って貰える理由

一般的に財布を高く売りたいのであれば、保存状態を良くしないといけません。

少しでも新品に近付くように綺麗な状態で査定に出すのが高額買取のポイントの1つですし、ボロボロの財布は買い取ってもらえない可能性があります。

【買い取って貰えない可能性のある一般的な財布】

  • 財布本体が破れていたり破損していたりする
  • ファスナー部分が開かない
  • 素面や生地にベタつきがある

 

「当店では取り扱いできません」と断られてしまうのは、お客さんから買い取っても店側に利益が出ないため。

しかし、ルイヴィトンの財布は、ボロボロの状態でも買い取って貰えることが多いです。

【ルイヴィトンの財布がボロボロでも買い取って貰える理由】

  • ジッピーウォレットやモノグラムエクリプス、ポルトフォイユなどのモデルは人気が高い
  • 定価がそれなりに高くて誰でも一度は耳にしたことがあるほどブランドの知名度がある
  • 専門の業者に修理に出せば元通りになって利益を出せる可能性が高い

 

「自分の財布は傷が酷いから捨てるしかないかな・・・」と考えるのはとてももったいないですよ。

破れや色褪せなどボロボロになっても意外と高い金額で買い取ってもらえることはありますので、念のために査定に出した方が良いでしょう。

ボロボロの傷んだルイヴィトンの財布を買い取ってもらう上で押さえておくべきポイント

「ボロボロのルイヴィトンの財布は○○○円で買取可能」と相場が決まっているわけではありません。

また、「A店では買取不可だったけど、B店では買い取って貰えるということも十分ある」ということを覚えておいてください。

バッグの見積もりをする女性のイラスト

傷みの状態やお店の判断基準で価格には違いがあります。ボロボロの傷んだルイヴィトンの財布を少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、複数の業者に見積もりを出してもらうのがポイントです。

「A店では1万円だったけど、B店に査定をしてもらったら14,000円だった」というケースはあります。

もちろん、あまりにも酷い状態だとハイブランドのルイヴィトンの財布でも買取不可と言われることはありますが、裏地ひび割れやメッキ剥げの財布でも買い取ってくれるショップは意外にも多いのです。

 

ただし、「財布を自分で修理に出して元通りの状態にしてから買取店に査定を依頼する」という方法はおすすめできません。

状態によって異なるものの、一般的には定価の40%~70%程度の見積もりとなりますので、修理費用を差し引いてマイナスになることがあります。

 

以下のページではボロボロのルイヴィトンの財布でも買取可能なショップを幾つか紹介していますので、「本当に売れるのかな?」「値段が付くの?」と不安を抱えている方は一度無料見積もりを依頼してみてください^^